忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「異次元の狙撃手」から世良蘭の可能性を探る

 

「蘭君のハートをスナイプできるのは、彼(工藤くん)だけだからさ!」

<今のところはね…>


異次元の狙撃手の世良ちゃんの最後のセリフです。
世良ちゃんの性別が女性であることと、コナン大好きな態度を踏まえると、
蘭に対する宣戦布告と受け取るのが普通。
ですが、この言い回しを真っ正直に捉える と、
「いずれ蘭のハートをスナイプできる人間が、新一以外にも現れる」、
つまり、自分がその二人目の人物になるつもりだ、と捉えられます。


■灰原と世良の、蘭への接し方

まず、世良ちゃんはコナン君大好き。そして、コナン=新一だということに気づいていそう。ただ、同じコナンを好きな人間でも、灰原と全く違うのは、蘭への接し方ですね。
灰原は、最初蘭を避けており、彼女に助けられたり人柄に触れるうちに、彼女を受け入れることになります。
ただし、積極的に仲良くはしていません。
一方、世良は初対面で蘭のことを「ボクのタイプ」などと冗談めかして発言。
その後、転入して性別を女性だと明かしてからは、蘭と園子と一緒に下校します。
蘭を「ボクよりスタイル良くてカワイイし」などとストレートに褒める場面もあり、
明らかに蘭を自分より「女として上」だと扱っています。そこにためらいはありません。
電話を切られた事に対し「ボクのことキライなのか!?」と涙目で詰め寄ったり、
蘭に対しての好意は積極的に示しているのです。




■思ったより手強い、の真意は?

思い出されるのは、毛利探偵事務所での立てこもり事件。犯人を狙撃させて事件解決を図ろうとした世良ちゃんに対し、蘭が「新一だったら死なせたりしない」と、逆に犯人の命を守る話です。世良ちゃんはここで蘭に「君は思ったより手強い」と発言しています。
普通に捉えると、「新一君のことを自分より理解している蘭が手強い」という発言ですが、異次元のセリフをふまえ、仮に世良ちゃんが蘭を振り向かせたいと いう意図での発言だとしたら、
「そこまで新一に傾倒している蘭を落とすのは大変」という意味にとれなくもないですよね。


■世良の好意は、恋愛感情ではないのかも?

世良ちゃんの好意は新一と蘭の両方に注がれており、また、二人の仲を認める発言が多いです。
その態度は園子のようなからかい半分というわけでもなく、いたって素直なもの。
この点も、灰原とは真逆の反応です。
これは憶測ですが、世良ちゃんの好意は恋愛感情というよりも、
ふたりが世良ちゃんにとって大事な思い出の人であり、「彼らに認められたい」という想い
の現れなのではないか。そう考えると、合点がいくような気がするのですが。いかがでしょうか。


謎を解く鍵は、「魔法」「さざ波」「八重歯」…三人のつながりが本当はどういうものなのか、
今後の展開を楽しみにしています。

★世良ちゃんと蘭の関係について、よろしければCommentにて、
みなさんの予想や希望をお聞かせください。




拍手

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 涼彩マテリアル!ブログ : All rights reserved

「涼彩マテリアル!ブログ」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]